ゴムタイムス70周年の画像

ニッタ J-VER制度の認証を取得 十勝地方で

2012年03月05日

ゴムタイムス社

 ニッタ㈱は、2月28日付けで、北海道十勝地方に所有する森林の一部を対象に、 環境省により創設された、温室効果ガスの削減・吸収のためのオフセット・クレジット(J-VER)制度 の認証を取得した。  オフセット・クレジット(以下J-VER)とは、国内におけ る自主的な温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトによって生じた排出削減・吸収量を指し、地 球温暖化対策の一環として、2008年11月に環境省が制度化した。J-VERは、信用性の高い クレジットとしてカーボン・オフセットに使用することができる。また、この制度は、J-VER が市場で流通売買されることにより、森林の管理整備へと資金が還元され、持続的な森林経営の 仕組みができることを目指している。 同社では、J-VER制度を利用して、北海道豊頃町間伐促進プロジェクトを実施した。

 北海道中川郡豊頃町に保有する山林において、318 ヘクタールの間伐を実施し、二酸化炭素吸収量の増 大を図るとともに、森林資源の有効活用や中長期的な公益的機能の向上を目指す。同プロジ ェクトにより、今年度認証されたクレジットは、4851CO2トン。

  同社は、1906年に北海道十勝地方に進出し、以来100年以上にわたり、植林・間伐等の森林整 備事業を行ってきた。現在、約6700ヘクタールの山林を保有し、2008年には日本の豊かな自然環境と持続的な木材生産を両立することを目指した森林認証である、SGEC森林 認証を取得している。これからも生物多様性の保全に配慮した持続可能な森林経営に努 め、間伐等の森林整備を継続するとともに、今回J-VER制度を利用し得られたクレジットを同社製品や社会貢献に活用し、更なる森林の管理保全および温室効果ガス吸収量増大に貢献していく。

オフセット・クレジット(J-VER)制度 の認証を取得

オフセット・クレジット(J-VER)制度 の認証を取得