ゴムタイムス70周年の画像

バンドー化学 年頭所感 谷和義社長

2012年01月16日

ゴムタイムス社


 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、国内においては東日本大震災、台風による水害、また海外においても地震やタイ国の大規模水害などの自然災害が大きな悲しみと多大な影響をもたらした年でありました。
 年前半の世界経済は中国やインドをはじめアジア新興国の内需拡大により総じて堅調に推移しましたが、国内では東日本大震災からの復旧・復興過程にあるものの、夏期の電力供給の制約からのピーク電力削減要請、原材料価格の高止まり、長引く円高の影響等、厳しい状況で推移しました。年後半には、震災からの復興や挽回生産が期待されましたが、10月に顕在化したタイ国における大規模水害は、現地企業にも多大な被害を与えたばかりでなく、部品供給の問題より国内外の生産に大きく影響を与えております。さらに、欧州金融不安、米国経済の回復速度が遅いことより、アジアの新興国の経済伸びにも少し陰りが見られる状況となり、円高の継続と相まって日本経済も下振れの傾向が顕著になってきました。
 しかしながら、新年は「辰(たつ)」の年であります。「辰」は「シン」と発する訳で、「シン」は「新」に通じるところがあります。よって「改革と革新が起こってくる」そういう年回りに当たっています。まさしく2011年度のスローガン「変える・変わる・挑む」に相応しい年であり、自らのありたい姿を描き、それに向かって変革してゆく年としなければなりません。
本年は、中期経営計画“Doing More on the new frontier”の2nd stage(DMー2)の最終年度にあたり、経済環境は決して楽観視されるものではありませんが、今こそ「変える」べきことをしっかりと定め、従業員一人ひとりが「変わる」ことを良しとして、高い目標に「挑む」ことで、会社を変えていくことが必要です。自分の役割をしっかり自覚し、次の指針を大切にして、積極果敢に挑戦してまいります。
(1)一人ひとりが決めた課題はやり切る強い気持ちと行動力を持つこと。
(2)冒険心を持ってチャレンジし、プラス思考で自分を変えること。
(3)『元気』『やる気』『勇気』をもって、物事へ取り組むこと。
 これらの取り組みを実行し、有機的に繋ぎ、次の飛躍のために大きく展開させてまいります。本年度スローガン「変える・変わる・挑む」の精神で、何事にも積極的に行動し天翔る龍のごとく躍動できるように、グループ一丸となって頑張っていきたいと思います。
 本年も引き続き、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、新年にあたりましてのご挨拶といたします。

関連キーワード: ···