ゴムタイムス70周年の画像
プラスチック材料の全体がわかるのバナー

エボニック カーボンブラック事業売却

2011年04月25日

ゴムタイムス社

エボニック インダストリーズ(ドイツ・エッセン)は、10年に約12 億ユーロの売上収益を計上したカーボンブラック事業をローヌキャピタルLLCの系列会社に売却すると発表した。取引額は9億ユーロ以上となる。同社は中核である化学品事業に組織的に重点を移す。
取締役会会長のクラウス・エンゲル氏は、「カーボンブラック事業をローヌキャピタルに売却することで、同事業のさらなる成長ポテンシャルが大いに見込まれ る」と述べ、ローヌキャピタル側は、「国際的に高い評価を得ている同事業の技術プラットフォーム、得意先関係、熟練した労働力の基盤をいっそう強化し、 カーボンブラックの世界的成長を継続したい」と述べた。
同事業は、世界11ヶ国に16ヶ所の製造施設を有しており、国際的なカーボンブラック市場で第3位を占めている。従業員1650名(うち約500名はドイツ国内)を含め、完全に譲渡される。
エボニックの10年度総売上高は133億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は24億ユーロを計上した。

関連キーワード: ·