ゴムタイムス70周年の画像

ニュースの焦点 ランクセス 日本、中国、韓国のエコタイヤ需要調査

2011年11月21日

ゴムタイムス社

 エコタイヤの市場シェアは今後10年間の2020年までに日本では70~80%、韓国では75~90%、中国では50%まで拡大される。

 ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセスが、日本、中国、韓国における「タイヤラベリング制度とエコタイヤ」の現状についての調査結果(ミュンヘン工科大学のホルスト・ヴィルデマン教授に委託)を18日、発表した。

 この中で、日本市場については「グリーン購入法、排出ガス規制、2011年からのラベリング制度の自主基準ーなど、運輸部門の燃費向上のために数々の措置が講じられている」とし、日本のエコタイヤの市場シエアは2020年までに70~80%まで拡大すると予測。

 韓国では「国内輸送部門のエネルギー消費の95%を自動車輸送が消費、低燃費タイヤの規定が2012年11月から義務化され、低燃費タイヤのラベリング制度の普及拡大が見込まれる」とし、2020年のエコタイヤ市場シェア率を75~90%と予測。