ゴムタイムス70周年の画像

プレステ用ゲームと提携 ミシュランが「タイヤ供給」

2019年09月09日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは9月6日、ミシュランがプレイステーション用ドライビングシミュレーターゲーム「グランツーリスモSPORT」の「オフィシャルタイヤテクノロジーパートナー」に選ばれたと発表した。この提携はニューヨークのプレイステーションシアターで8月23日に発表された。

 ミシュランは、同ゲームのライブイベント「ワールドツアー第3戦・ニューヨーク」より数年間、FIAグランツーリスモ・チャンピオンシップのオフィシャルタイヤサプライヤーとなる。また、10月までに予定されている無料ダウンロードコンテンツによって、さまざまな形でゲーム内に登場する。

 ゲーム内では、「ブランドセントラル」内ミュージアムに新たにミシュランが登場し、グローバルなモータースポーツ活動、タイヤ性能、イノベーションなど同社の豊かな歴史を知ることができる。また、「チューニング」セクションに同社がタイヤテクノロジーパートナーとして登場し、ハード、ミディアム、ソフトといったタイヤの硬さまで選ぶことができる。さらに、パートナーシップ締結を祝し、世界の有名なサーキットにミシュランのロゴが登場する。

 ミシュランがゲームの共同開発のためにレースで得た知見を交換することは初めてで、ソニーと全面的な共有を予定している。同ゲームのプレーヤーは、タイヤの選定とパフォーマンスに関し今までとは違った戦略で競争をすることができ、レースチームがピット上で行う意志決定をより一層の臨場感を持って体験できるようになる。

 ミシュランのスコット・クラーク副社長は、「当社は、実際タイヤを製造する前の段階でタイヤのチューニングをバーチャルの車両とタイヤで行っており、それを現実の車両とタイヤに正確に反映している。この技術をモータースポーツから得たリアルなデータと組み合わせれば、ソニーはより優れたタイヤ戦略をゲームに導入することができる。長期的には、当社のタイヤが車両のパフォーマンスに対してどれだけ重要な役割を果たしているかを、より多くの人に理解してもらう一助となるだろう」と述べている。

ゲームにロゴが登場

ゲームにロゴが登場

ゲームにロゴが登場

ゲームにロゴが登場