再生ゴム特集 特集概要 18年再生ゴム消費 工業品向けは横ばい タイヤ向け不振で連続減

2019年06月24日

ゴムタイムス社

 タイヤ原料や工業用ゴム製品などに再利用され、廃棄物の発生抑制に貢献する再生ゴムは、日本再生ゴム工業会のまとめによると、2018年の消費量が2万28tで前年比2・4%減となり、4年連続で前年を下回った。タイヤ以外のベルトやゴム板など工業品向けは前年並みの消費量だったが、消費の63%を占める自動車タイヤ向けが前年比3・7%減と振るわず、全体でマイナスとなった。
 2019年の消費実績も、1~2月は3090tで前年同期比1・2%減と、前年割れとなっている。
 再生ゴムは、主に天然ゴム比率が高いトラック・バス用タイヤのトレッド部分が主原料となっている。一般的には元の原料ゴムより物性が劣るが、再生ゴム各社は技術開発を進め、物性低下を抑えつつ高機能化を図ることで需要拡大を目指しており、高機能を付与した再生ゴムの評価が

全文:約483文字

再生ゴム特集 特集概要 18年再生ゴム消費 工業品向けは横ばい タイヤ向け不振で連続減

キーワード: ·