ゴムタイムス70周年の画像

中間体、過去最高EBITA ランクセスの1~3月期

2019年05月17日

ゴムタイムス社


 ランクセスはこのほど発表した2019年度第1四半期の業績は、連結売上高は18億2200万ユーロで前年同期比横ばい。特別項目を除いたEBITDAは、2億7500万ユーロで同1・9%増。EBITDAマージンは、昨年の14・9%から0・2ポイント上昇し15・1%となった。製品価格の引き上げと為替の好影響が増益に寄与した。
 部門別では、アドバンスト中間体部門は売上高は5億8600万ユーロで同3・7%増、EBITDAは1億1400万ユーロで同11・8%増と過去最高の四半期業績を達成した。
 その他、スペシャリティアディブス部門は販売量減少により、売上高は4億8500万ユーロで同3%減少したが、EBITDAは製品価格の引上げや為替の好影響、ソルベイ社(ベルギー)から買収したリン添加剤事業も貢献し8300万ユーロで同2・5%増。
 パフォーマンスケミカルズ部門は、売上高は3億4700万ユーロで同3・3%増、EBITDAは5400万ユーロで同3・8%増。これは水処理製品及び物質保護剤製品関連事業の好調、為替の好影響が主な要因である。
 エンジアリングマテリアルズ部門の売上高とEBITDAは、自動車産業の需要低迷の影響を受け、売上高は3億8200万ユーロで同2・6%減、EBITDAは6500万ユーロで同11%減となった。
 2019年通期の業績見通しについては、特別項目を除いたEBITDAは10億〜10億5000万ユーロを見込んでいる。

関連キーワード: ·