ゴムタイムス70周年の画像

自動運転の最新技術訴求 コンチ、人とくるま展で

2019年05月17日

ゴムタイムス社

 コンチネンタルは5月16日、パシフィコ横浜で5月22~24日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」に出展すると発表した。自動運転、効率化、コネクティビティ分野における最新のソリューションを紹介する。

 同展示会で同社は、自動運転が次のステージに進む下地となる新たなセンサー類、制御ユニットの関連では、リアルタイム2D・3Dデータ融合のデモンストレーションを行う予定にしている。車両の全周囲を検出するための鍵となるコンポーネントである高解像度3Dフラッシュライダーは、視野内の全ピクセルにおいて、リアルタイムで正確な距離測定を行い、車両の運転ストラテジーを決定するために必要な物体リストを生成するものとなっている。

 また、排気量が50〜250ccの単気筒ガソリンエンジン向け吸気モジュール統合型エンジン制御ユニットであるM4Lエンジン制御ユニットの関連では、平均燃費などのモバイル表示機能、バーチャルキー機能、診断機能等新開発アプリがもたらす新たな可能性とともに、さらなる次世代コネクティビティへの拡張性を紹介する。

 

2D・3Dデータ融合をPR

2D・3Dデータ融合をPR

モバイル通信機能も訴求

モバイル通信機能も訴求