ゴムタイムス70周年の画像

国内・海外とも増収減益 三ツ星ベルト19年3月期

2019年05月15日

ゴムタイムス社

 三ツ星ベルトの19年3月期連結決算は、売上高が720億200万円で前期比3・5%増、営業利益が81億2700万円で同3・6%減となった。
 セグメントのうち、国内ベルト事業は、売上高が283億9500万円で同1・3%増、営業利益は71億3900万円で同2・4%減。自動車用ベルトは、補修用の車検交換需要が低下した。一般産業用ベルトは、主要ユーザーの生産が年度後半に減少し、売上は微減。OA機器用ベルトは、中国市場向け機種が減少した影響を受けた。搬送ベルトは、食品業界や物流業界向けが好調に推移し、合成樹脂素材も設備投資による需要が増加した。
 海外ベルト事業は、売上高が329億1700万円で同2・9%増、営業利益は34億1100万円で同0・7%減。自動車用ベルトは、米国では二輪車用の好調に加え、四輪車用の補修市場での拡販により、売上が増加した。欧州では、四輪車用の新規需要獲得により、売上高が増加。アジアでは、東南アジアで二輪車用の需要が好調に推移した。一般産業用ベルトは、アジアでの補修用の拡販と新規受注の獲得などにより、売上高が増加した。OA機器用ベルトは、日系ユーザー向けの販売が低下した。
 20年3月期の通期予想は、売上高が685億円で前期比4・9%減、営業利益は76億円で同6・5%減を見込んでいる。

 

関連キーワード: ·