ゴム・ビニール手袋特集 ショーワグローブ 耐切創手袋で新シリーズを発売 提案型商品の開発をさらに推進

2019年06月03日

ゴムタイムス社

 

 ショーワグローブ(兵庫県姫路市、近藤修司社長)の2018年12月期売上高は254億4000万円で前期比13・4%増と、2期連続で過去最高となった。その要因としては、「コンビニ向けの伸長、ネット通販向けの好調、産業用では食品と自動車分野が引き続き堅調した」(同社)ことを挙げた。

 コンビニでは作業用手袋の「グリップシリーズ」の取扱いが順調に増えたことと、コンビニの店舗増との相乗効果もあり売上が伸びた。

耐切創手袋デュラコイルシリーズ

耐切創手袋デュラコイルシリーズ(577)

 ECについては、アマゾンなどのネット通販サイトを通して販売しており、こちらも堅調に推移した。

 なお、コンビニやEC向け販路では、社内での専門部隊を設けるなど営業体制を整えており、さらなる拡販に向けた活動を続けていく。

 産業用では、食品分野でディスポーザブルの「ニトリスト」

本文:898文字

ゴム・ビニール手袋特集 ショーワグローブ 耐切創手袋で新シリーズを発売 提案型商品の開発をさらに推進

キーワード: ·