ゴムタイムス70周年の画像

クラレ、シールドエアーと契約 ガスバリア材を供給へ

2019年04月04日

ゴムタイムス社


 クラレは4月4日、同社の米国法人クラレアメリカ(米国テキサス州)が、米シールドエアー社と北米におけるバイオマス由来のガスバリア材「PLANTIC」樹脂販売に関する契約を締結したと発表した。 

 同契約はすでにシールドエアーと締結している北米におけるPLANTICフィルムの販売代理店契約に続くものとなっている。なお、クラレは米国にて樹脂工場の建設に着工しており、19年9 月の完工を予定。
 PLANTICは、バイオマス由来のガスバリア材。酸素バリア性が高く、主に肉や魚などの生鮮食品の包装材として使用されているものだ。
 また、米シールドエアー社は米国工場でPLANTICを含んだ多層フィルム生産設備の投資を決定し、すでに3月21 日に発表している。クラレは、現在建設中のPLANTIC樹脂工場にて生産された樹脂製品をシールドエアー社へ供給する計画。食品包装材料の生産と販売に強みを有するシールドエアー社と共に、PLANTIC樹脂を使用した食品包装用フィルムの新たなマーケットを開拓し、事業拡大を加速していく。

関連キーワード: ·