ゴムタイムス70周年の画像

右川顧問が業界史など講演 墨東ゴム工業会・三木会

2019年03月15日

ゴムタイムス社

 墨東ゴム工業会(堀田秀敏会長)は3月14日、東京都墨田区のすみだ生涯学習センターで三木会を開催した。会員、賛助会員ら約35人が参加した。
 今回の三木会では、同工業会の顧問で右川ゴム製造所の右川清夫会長が「我が経営者人生と墨東ゴム工業会を振り返る」と題して、講演を行った。

講演する右川顧問

 初めに右川会長は同工業会の歴史に触れ、「創立からもうじき60年を迎える。日本のゴム工業史にも墨田区の歴史にも生き生きとした工業会の精神が脈打っている。先輩の努力の歴史でもある」と工業会の意義を説いた。

 次いで、創業から120年を経た右川ゴム製造所と自身の経歴を語り、創業期の主力であったゴムまりの輸出検査に幼少期から何度も立ち会った思い出や、東京大空襲で工場の煙突と金庫のみが焼け残ったところから「煙突からもう一度煙を出して見せる」という母の意気込みを受け止め

本文:約816文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·