ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

住友ゴムが二輪走行会 5月から全国4か所で

2019年03月12日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は3月11日、ライダーを対象にオートバイでのサーキット走行会「ダンロップサーキットステーション2019」を5月から順次全国7ヵ所で開催すると発表した。

 また、今年から新たにサーキット走行初心者から中級者を対象に、基礎から実践までを安全に楽しく学ぶことができるスクール形式の走行会「ダンロップサーキットステーションファーストステップ2019」を5月から順次全国4ヵ所で開催する。

 「ダンロップサーキットステーション2019」は、サーキット走行初心者から経験豊富なライダーまで幅広い層を対象としたサーキット走行会で、参加者は自身の走行レベルにあったクラスで走行を楽しむことができる。また、インストラクターに有名ライダーを招いて、ライディングレクチャーなどを受けることができる他、ダンロップオリジナルグッズが当たる抽選会や、プロのレースカメラマンによる参加者の走行中の写真撮影などを行う。

 「ダンロップサーキットステーションファーストステップ2019」は、サーキット走行初心者や、サーキット走行に興味はあるがフリー走行や一般の走行会は敷居が高く参加しにくいと感じる人を対象としたスクール形式の走行会。参加者はサーキット走行の上達を目指して、サーキットを走るうえで必要な基本的なルールやマナーのレクチャーから、実践的なテクニックの練習、実際のサーキット走行までプロライダーの指導の下で安全に行うことができる。講師は元世界耐久選手権王者の北川圭一氏をはじめとした経験豊富なプロライダーが務める。

昨年までの様子1

昨年までの様子1

昨年までの様子2

昨年までの様子2

昨年までの様子3

昨年までの様子3

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー