ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

ゴム相場マンスリー (19年2月) 先限は193・6円で大引け

2019年03月06日

ゴムタイムス社

 2月の東京ゴム相場の推移を見ると、当限終値は185・7円で始まり、週明けの4日に小幅に上昇した後は180円台後半で推移した。中旬になると一時180円を割り込む展開も見られたが、下旬は190円台に回復して21日には月間最高値の198・1円を付けたものの、22日には190・6円と急落して納会を迎えた。

 先限終値は179円ちょうどで始まった後、上旬は先限が当限より安い「逆ざや」を形成する展開

本文:約321文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー