ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

19年1月のカーボンブラック 出荷は2ヵ月連続増加

2019年03月05日

ゴムタイムス社

 カーボンブラック協会がまとめた1月のカーボンブラック品種別実績によると、出荷量は4万5234tで前年同月比0・1%増となり、2ヵ月連続で増加した。

 出荷内容は、ゴム用が4万2813tで同1・8%増、非ゴム用その他が2421tで同22・8%減。また、ゴム用国内では、タイヤ向けが3万746tで同1・8%減、一般ゴム向けは1万566tで同19・1%増となっている。

 生産量は、4万7021tで同6・5%減。ゴム用が4万4198tで同5・7%減、非ゴム用その他は2823tで同17%減だった。在庫量は、6万3795tで同0・5%増、在庫率は141%となっている。

 1月の輸入量は1万2446tで同8・1%減となり、3ヵ月ぶりに減少に転じた。輸出量は4042tで同11・6%減となり、4ヵ月連続で減少した。

 

1月カーボンブラック品種別実績

[/hidepost]

本文:約346文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー