ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

18年12月の合成ゴム生産 全体は前月の増加から減少

2019年02月28日

ゴムタイムス社

 合成ゴム工業会がまとめた12月の合成ゴム生産量は、合計14万6628tで前年同月比5・7%減となり、先月の増加から減少に転じた。

 SBRは5万6748tで同5・6%減、SBRソリッドは4万5188tで同4・2%減、SBRノンオイルは2万6513tで同0・4%減、SBRオイルは1万8675tで同9・2%減、SBRラテックスは1万1560tで同10・6%減、NBRは1万659tで同5・1%減、CRは1万2112tで同4・2%増、BRは2万7187tで同7・4%減、EPTは1万9679tで同10・8%減、その他は2万243tで同4・2%減。

 

本文:約370文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー