ゴムタイムス70周年の画像

新材料・新技術が一堂に コンバーティング展などで

2019年02月01日

ゴムタイムス社

 コンバーテックジャパンや新機能材料展などで構成される「コンバーティングテクノロジー総合展」と同時開催の「国際ナノテクノロジー展」などが1月30~2月1日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。ゴム関連企業も多数出展し、新たな材料・技術を紹介した。

会場風景

コンバーテックジャパン
金陽社
 「シワ除去用ロール」「巻取りコア」など各種ロールや加工技術を中心に紹介した。巻取りコアでは、各種芯材に弾性ゴムをライニングした「スキンコア」や高機能フィルム用段差痕軽減対策品「キンヨーノーダンサー」などをPR。スキンコアはゴムの弾性が基材を保護することで、フィルムを巻き始めるときの基材ロスが大幅に低減される他、傷ついた古い芯材の再利用も可能だ。「ユーザー使用条件や用途に合わせ、様々な各種コアをラインナップしており、お客様のコストダウンに貢献していきたい」(同社)としている。

金陽社

加貫ローラ製作所
 「コンケーブローラー」やCFRP製のエアシャフトロールの上に樹脂カバーで被膜した「カーボンエアシャフト」、「eコア」などを展示した。コンケーブローラーはロールの中央部が円弧状に凹んでいる、逆クラウン加工を施すことで、フィルムのシワを伸ばすことができる。ブースではデモ実機を使い特徴をアピールした。

加貫ローラ製作所

明和ゴム工業
 RoHS指令で規制されているフタル酸エステル類未使用の「フタル酸フリーのゴムロールシリーズ」やシワ抑制ロール「コンポジヘリカル」「マイクロ溝」などを展示した。フタル酸フリーのゴムロールシリーズは、「エレコンシリーズ」「ブラックネオンⅡ」などがあり、今年7月のRoHS規制の施行を前に、問い合わせが増えている。今後も品ぞろえを増やして対応を強化する方針だ。

明和ゴム工業

 

宮川ローラー
 フィルム関係で需要が伸長するシワ防止用ローラー「ゼブラローラー」や帯電防止粘着ローラー「ミモザシリーズ」を始め、機能性に富んだ製品の展示を行った。ゼブラローラーは従来のA、B、Cに加え、3タイプを補完するD、Mの2タイプを上市。展示会終了後は来場者へのこまめなフォローにより、新規・既存顧客の掘り起こしを進めていくという。

宮川ローラー

カンセンエキスパンダー工業
 エキスパンダーロールのパイオニアメーカーである同社は、ゴムやスチール素材のエキスパンダーロールを紹介した。エキスパンダーロールはフィルム、紙、繊維など基材に製造工程で発生するシワや縮みを除去する弓形湾曲ロール。ブースでは、ストレートバリボウエキスパンダーロールなどを使った搬送デモ機を置いて、フィルムのシワ取り効果を実演していた。

カンセンエキスパンダー工業

新機能材料展
JSR
 エラストミックスやJSRトレーディングなど同社グループの新製品を紹介した。JSRでは熱可塑性エラストマー「エクセルリンク」などを出品し、エラストミックスは「新規耐熱耐油アロイ材」「高強度EP材料」の新規材料

 

 

 

 

全文:約2718文字