ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

本数・金額とも増加に 12月タイヤ販売、GfK

2019年01月30日

ゴムタイムス社


 GfKジャパンは1月30日、2018年12月の自動車タイヤの販売速報を発表した。

 それによると、12月の販売本数は前年同月比13%増、販売金額は同15%増となり、いずれも前月の減少から増加に転じた。

 北日本を中心に本格的な降雪があり、特に最終週では大幅に販売が伸長した。冬タイヤの販売本数は同16%増に達し、タイヤ全体に占める冬タイヤの本数構成比は71%と、前年同期から2%ポイント増加した。

 冬タイヤの販売本数をサイズ別にみると、多くの軽自動車で取り入れられている155/65/14が前年同月比20%増と大きく伸びた。またコンパクトカー向けの175/65/15も同19%増と2桁のプラスとなった。

 タイヤ全体の税抜き平均価格は前年同月から2%上昇した。

 

関連キーワード: ·

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー