ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

19年のベルト業界 ゴム搬送輸出が復調

2019年01月14日

ゴムタイムス社


 日本ベルト工業会によれば、19年ゴムベルト生産量は2万6619tで横ばいと予測。内訳は内需が2%減、輸出が6%増と見込む。輸出の伸長は、資源国向けのコンベヤ需要回復に加え、伝動ベルトも前年を上回ると見ているようだ。

 そうした環境のなかで、コンベヤメーカーは耐摩耗性、耐熱性、難燃性、省電力性

関連キーワード: ··

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー