ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

東洋ゴムがHPを刷新 海外版とデザイン統合

2018年12月26日

ゴムタイムス社

 東洋ゴム工業は12月26日、ウェブサイト上で様々な企業活動に関わる情報を国内向けに発信する「企業サイト」と、国内市場向けに展開するタイヤ情報を集約、発信する「製品サイト」のデザインを12月25日に全面リニューアルするとともに、グローバルにブランド訴求を行なう「グローバル・ウェブサイト」を新たに設け、併せて同日より公開したと発表した。

 同社は2019年1月1日に社名を「TOYO TIRE」に変更するのに先立ち企業サイトと製品サイトのドメインを変更し、これに併せて各サイトのトップページデザインと設計を刷新し、新たにグローバル・ウェブサイトのURLを設けた。

 今回の各サイトの改定・新設は、サイトの訪問者にTechnology(技術力)、Passion(情熱)、Ideas(発想力)という「TOYO TIRESの価値」への共感、理解の実現を図ることを主眼としており、米国や欧州のマーケット向けに展開しているウェブサイトとのデザイン統合を図るとともに、サイト訪問者目線でコンテンツの再配置と情報設計に取り組んだもので、アクセス負荷の分散などシステム対応力の強化も実施した。

 今回の改定は、グローバルでのメッセージ力を高めるためにブランド表現の統一を軸に18年10月に策定した「トーヨー・タイヤ・グローバル・ウェブサイト・スタンダード」に基づいており、ビジュアルや文章だけでなくサイトの情報設計やインタラクションまですべて一体となって提供していく「体験の創造」を基本コンセプトとしている。

 同社では、ウェブサイトを「主体的に社会とコミュニケーションしていくための重要メディア」と位置づけ、2014年6月に企業サイトを全面リニューアルし、企業サイトでは、経営方針や企業概要、研究開発・技術開発やCSR活動、製品情報といった企業としてのアウトラインを網羅的に示すとともに、様々なSNSコンテンツを設け企業活動の動態をタイムリーに伝えてきた。

 

企業サイトトップページ

サイトのトップページ

関連キーワード: ·