ゴムタイムス70周年の画像

2019年樹脂ベルト需要予測 117万㎡で前年比2%増

2019年01月10日

ゴムタイムス社

 樹脂ベルトの2018年生産量(日本ベルト工業会に加盟する5社合計)は、115万888㎡(前年比96%)となる見込みで、その内訳は、内需が109万2115㎡(同94%)、輸出が5万8773㎡(同136・5%)になると予想される。

 生産量はここ数年、順調な伸びを示していたが、18年は2015年以来3年ぶりに前年実績を下回ると予想される。なお、同工業会は生産量が減少になった要因について、「18年3月統計から1社外れたことによる」とした上で、「樹脂ベルト市場は安定している」というのが各ベルトメーカーの共通した見方である。

 樹脂ベルトの主な需要分野である物流業界と食品業界の状況を見ると、物流はECサイトの新設・改装が引き続き各地で続いたことから、物流向けの搬送ベルトも引き続き堅調に推移した。

 食品向けの需要も堅調だ。一人暮らし世帯の増加や個食ニーズなどの高まりなどで、コンビニやスーパーではおにぎりやパン、惣菜などの販売が伸びており、惣菜工場やパン工場などコンビニ向けが伸長、食品機械もOEM向けが順調だ。
 なお、食品向けに関しては、HACCPの義務化や広域的な食中毒強化などを柱とする食品衛生法改正が国会で成立した。HACCP義務化をきっかけに、食品を扱う業者の間では、より衛生性の高い製品を使うケースが今後広がる可能性がある。

 樹脂ベルトの2019年の需要予測は、117万8103㎡(同102%)と予想される。内訳は内需が111万6723㎡(同102%)、輸出が、6万1380㎡(同104%)、内需・外需ともプラスを予測している。
 

2019年樹脂ベルト需要実績と予測

 

2019年樹脂ベルト需要予測

[/hidepost]

本文:約665文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ··