ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

ネオクラシックにマッチ 住友ゴム新2輪ラジアル

2018年12月20日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は12月14日、モーターサイクル用ネオクラシックラジアルタイヤ、ダンロップ「TT100GPラジアル」を2019年3月1日から順次発売すると発表した。

 同製品は近年のネオクラシックブームに対応するタイヤとして、ダンロップの誇る名パターン「TT100GP」をラジアル構造でリメイクした新しいコンセプトのタイヤ。

 「TT100GP」の持つネオクラシック車両にマッチする高いデザイン性と、最新ラジアルタイヤの走行性能を両立しており、街乗りからツーリング、ワインディングまで幅広く対応。3月1日より発売するネオクラシック車両のメインサイズ2サイズに加え、5月よりフロントバイアス/リアラジアル車両向けにリア1サイズと、従来品「TT100GP」(バイアス構造)でフロント1サイズを追加する。価格はオープン。

 

フロント

フロント

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー