ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

ブリヂストン組織(1月1日付) GHOなど機構改革

2018年12月14日

ゴムタイムス社


 ブリヂストンは12月13日、機構改革を発表した。

 2019年1月1日付で、グローバルヘッドオフィス(GHO)では代表執行役CEOの下にグローバルPR・GR・サステナビリティ分掌とCSO・グローバル戦略管掌を新設する。また、代表執行役CEOの下にある経営企画管掌と広報・ブランド戦略担当を廃止する。

 グローバル経営プラットホーム(GMP)では、GMPの機能を管理管掌、グローバルビジネスサポート(GBS)分掌、ストラテジックビジネスユニット(SBU)に移管する。これに伴い、GMPを廃止する。

 管理管掌では経営企画管掌の下にある経営企画担当を管理管掌の下に移管、経営企画担当の下にコーポレートコミュニケーション本部を新設する。また、広報・ブランド戦略担当の直下にある広報部をコーポレートコミュニケーション本部の下に移管する。グループ戦略企画分掌の下にある事業開発企画管掌とCFO・財務担当を管理管掌に移管する。これに伴い、グループ戦略企画分掌を廃止する。さらに、事業開発企画管掌の下にCDO・デジタル・IT担当を新設する。これに伴い、CDO・デジタル担当とCIO・IT担当を廃止する。

 CDO・デジタル担当の下にあるデジタルソリューション本部をCDO・デジタル・IT担当の下に移管し、CIO・IT担当の下にあるITネットワーク本部をCDO・デジタル・IT担当の下に移管する。事業開発企画管掌の下にあるデジタル戦略企画本部の機能をデジタルソリューション本部に移管する。これに伴い、デジタル戦略企画本部を廃止する。事業開発企画管掌をNest Lab.管掌に名称変更する。

 グローバルビジネスサポート(GBS)分掌を新設し、オリンピック・パラリンピック・スポーツ・サイクル・AHL分掌をGBS分掌に移管する。GBS分掌の下にOPSCA事業戦略本部を新設する。広報・ブランド戦略担当の下にあるブランド戦略・コミュニケーション本部をグローバル直需・グローバルビジネス戦略分掌の下に移管、グローバル直需・グローバルビジネス戦略分掌をグローバル直需・マーケティング戦略分掌に名称変更し、GBS分掌の下に移管する。CTO・技術分掌とCQMO・品質経営分掌を統合してCTO・技術・品質経営分掌を新設し、GBS分掌の下に移管する。また、グローバル直需・マーケティング戦略分掌の下にあるグローバル直需管掌をグローバル直需戦略管掌に、グローバル直需戦略担当の下のグローバル直需マネジメント・ビジネスモデル開発本部をグローバル直需・先進技術商品戦略本部にそれぞれ名称変更する。さらに、製品開発管掌を開発管掌に名称変更し、その下にタイヤ開発・生産技術開発管掌と次世代技術開発担当を新設する。製品開発管掌の下にある生産財タイヤ開発担当と消費財タイヤ開発担当をタイヤ開発・生産技術開発管掌の下に移管する。タイヤ開発・生産技術開発管掌の下にタイヤ生産技術開発担当とタイヤ開発支援本部を新設する。次世代技術開発担当の下に、次世代技術開発本部、次世代配合開発本部、次世代生産技術開発本部を置く。

 CQO・安全・防災・環境管掌をCQMO・品質経営管掌に名称変更し、CTO・技術・品質経営分掌の下に移管する。これに伴い、CQMO・品質経営分掌を廃止する。また、CQMO・品質経営管掌の下の品質推進担当をCQO・品質推進担当に、CQO・品質推進担当の下の品質システム本部を品質保証推進本部にそれぞれ名称変更する。基盤技術開発管掌を基盤技術管掌に、基盤技術管掌の下にある先端技術開発担当を先端技術担当にそれぞれ名称変更する。先端技術担当の下にある先端技術企画本部を先端技術・デザイン創出本部に、先端材料開発本部を先端材料本部にそれぞれ名称変更する。

 生産技術管掌を生産エンジニアリング管掌に名称変更し、その下に生産エンジニアリング担当を新設する。これに伴い、生産技術戦略担当とタイヤ生産システム開発担当を廃止。生産エンジニアリング担当の下にタイヤ生産エンジニアリング戦略本部、タイヤ生産基盤システムエンジニアリング本部、消費財タイヤシステムエンジニアリング本部および生産財タイヤシステムエンジニアリング本部を新設する。CTO・技術・品質経営分掌の下に、開発管掌、CQMO・品質経営管掌、基盤技術管掌、生産エンジニアリング管掌、技術戦略本部を移管する。

 海外タイヤ事業SBUでは、代表執行役COOの下にある米州事業SBUを代表執行役CEOの下に移管する。

 日本タイヤ事業SBUでは、日本タイヤ事業分掌を廃止する。これに伴い、代表執行役COOの下に日本タイヤ事業SBUと日本タイヤ事業管掌を移管する。日本タイヤ販売管掌の下にある全ての組織を日本タイヤ事業管掌の下に移管する。これに伴い、日本タイヤ販売管掌を廃止する。

 サプライチェーンエンハンスメント(SCE)管掌では、代表執行役COOの下にSCE管掌を新設する。TOMS担当と内製事業・調達・内製事業CQO担当をSCE管掌に移管する。SCE管掌の下にSCE業務企画管理本部を新設する。TOMS企画管理本部の機能と内製企画本部の一部機能をSCE業務企画管理本部に移管する。これに伴い、TOMS企画管理本部を廃止する。TOMS担当の下にあるSCM管理本部をタイヤSCM管理本部に名称変更する。

 MAA・化工品ソリューション事業SBUでは、ソリューション事業・化工品事業SBUをMAA・化工品ソリューション事業SBUに名称変更する。グローバルソリューション事業・化工品分掌をMAA&化工品ソリューション事業分掌に名称変更し、グローバルソリューション事業管掌の下にある全ての組織をMAA&化工品ソリューション事業分掌の下に移管する。これに伴い、グローバルソリューション事業管掌を廃止する。また、グローバルソリューション事業担当をMAAソリューション事業担当に、グローバルソリューション生産・管理・CQO担当をMAAソリューション生産・管理・CQO担当にそれぞれ名称変更する。MAAソリューション事業担当の下にあるグローバルソリューション戦略本部をMAAソリューション戦略本部に名称変更する。

 化工品事業管掌を化工品ソリューション事業管掌に名称変更する。化工品品質経営・化工品CQO担当の下にある化工品品質経営システム本部を化工品品質経営基盤構築本部に名称変更する。化工品開発・生産技術担当の下にある化工品開発第1本部を化工品量産開発第1本部に、化工品開発第2本部を化工品量産開発第2本部に、化工品生産技術本部を化工品基盤・先行技術開発本部にそれぞれ名称変更する。

 

関連キーワード: ·