ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

18年下半期値上げ〈原材料〉 ナフサ高騰で再値上げも

2019年01月08日

ゴムタイムス社

 ナフサや各種原材料価格の高騰、さらに副資材やユーティリティーコストの上昇を背景に、18年下半期も多くの原料メーカーが価格改定や再値上げを実施した。主な値上げアナウンスは次の通り。

 東洋ゴムチップは7月1日納入分よりEPDM製「カラーチップ」全商品をキロ20円値上げした。

 東海カーボンは、ファインカーボン製品(特殊黒鉛製品)を7月1日納入分より15%値上げした。また、カーボンブラック全品種については8月1日納入分、そして11月1日納入分より値上げした。

 クラレは「セプトン」「ハイブラー」関連製品を6月上旬よりグローバルで0・25USドル/kg値上げを実施した。また、同社は7月1日出荷分よりポリビニルアルコール樹脂「クラレポバール」「エルバノール」、ポリビニルアルコール系樹脂「エクセバール」を30円/kg値上げ。さらに8月1日出荷分からEVAエマルジョン(パンフレックス)の価格を値上げ。値上げ幅は20円/kg、特殊銘柄・特殊荷姿が30円/kg。 この他、MMAモノマー(メタクリル酸メチル)及びMAA(メタクリル酸)については10月1日出荷分より国内向け価格を20円/kg値上げ。

 三井化学は、タフマー、三井EPT、アドマー、ミラストマ―の4製品を7月2日納入分より5円/kg以上値上げした。

 クレイトンポリマージャパンは、クレイトンGSEBS、SEPSを7月1日納入分から23円/kg値上げを実施した。また、同社は9月14日納入分よりクレイトンD・SBS、油展SBS、クレイトンD・SISの価格を値上げ。改定幅はクレイトンD・SBSと油展SBSが40円/kg以上、クレイトンD・SISが35円/kg以上。

 デンカは7月2日出荷分よりABS樹脂、デンカIP、透明樹脂など9製品ついて18円/kg以上値上げした。また、同社は9月1日出荷分より、「デンカ球状シリカ(FB・FBX)」を現行価格の10%値上げした。ゴムでは、クロロプレンゴム「デンカクロロプレン」を11月1日出荷分より44円/kg以上値上げ。

 昭和電工は、合成樹脂製品(エマルジョン、合成樹脂溶液、合成樹脂水溶液)の販売価格を8月1日出荷分から現行価格の15%以上値上げ。

 三菱ケミカルは、MMA(メチルメタクリレート)モノマー、MAA(メタクリル酸)及びメタクリル酸エステル類の国内価格を8月16日出荷分より値上げ。MMA・MAAの国内価格が20円/Kg、メタクリル酸エステル類の国内価格は20円/Kg以上。

 宇部興産はBR価格を8月20日出荷分からKgあたり30円値上げした。

 住友化学は、MMAモノマー(メタクリル酸メチル)を9月18日出荷分から21円/kg値上げ。

 日本エイアンドエルは、合成ゴムラテックス類を10月1日納入分より改定した。対象品種と値上げ幅は、SBRラテックスと紙加工用ラテックス、VPラテックスが25円/ドライkg以上、NBRラテックスが30円/ドライkg以上。

 カネカは、塩化ビニル樹脂を10月21日出荷分より12円/kg値上げすると発表した。対象は汎用塩化ビニル樹脂の他、塩化ビニルペースト樹脂を含む特殊塩化ビニル樹脂のすべての品種。
 JSRは、合成ゴム・エマルジョン製品を10月21日納入分から値上げ。主要製品の値上げ幅は、合成ゴムでは、SBRが15円/kg以上、BRとIRが16円/kg以上、HSRが11円/kg以上、NBRとPN(粉末NBR)が20円/kg以上、EPDMが18円/kg以上、複合材では、NVとNEが20円/kg以上、TPVが18円/kg以上、TPEでは、RBとDNRが16円/kg以上、TRが15円/kg以上など。エマルジョンでは、紙加工用LTXと一般産業用LTXが15円/kg以上。

 日本ポリプロは10月1日、ポリプロピレン全製品を10月15日納入分より12円/kg以上値上げ。値上げは7月2日納入分(20円/kg以上)に続く下期2回目。

 プライムポリマーはポリエチレン及びポリプロピレン(PP)を10月22日納入分より15円/kg以上値上げ。値上げは7月1日納入分より20円/kg以上に続く再値上げ。

 日本ポリエチレンはポリエチレン全製品を10月15日納入分から10円/kg以上値上げ。値上げは7月2日納入分(20円/kg以上)続く値上げ。

 宇部興産は、10月15日出荷分からUBEナイロン6が50円/kg以上、UBEナイロン66が70円/kg以上値上げ。

 旭化成は、スチレン系特殊透明樹脂およびスチレン系熱可塑性エラストマーなどを10月15日出荷分より15円/kg以上値上げ。同製品の値上げは7月13日出荷分に続き下期2回目。

 東ソーは、ポリエチレン樹脂について、11月1日納入分から15円/kg以上値上げした。値上げは7月1日納入分に続く再値上げを実施した。

 旭カーボンは、カーボンブラックのゴム用全品種を11月1日納入分より7・9円/kg値上げ。

 住友化学はポリエチレンおよびポリプロピレンを10月22日納入分より16円/kg以上値上げした。

2018年下半期値上げ一覧表

関連キーワード: ··