ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

豊田合成、新会社設立 インドネシアでエアバッグ供給

2018年12月04日

ゴムタイムス社

 豊田合成は12月4日、インドネシアにおける安全規制強化を背景とするエアバッグの大幅な需要拡大などに対応するため、「豊田合成インドネシア」を設立すると発表した。

 同社の工場は、顧客である現地の日系カーメーカーの近隣(西ジャワ州カラワン県)に設立、2019年2月に着工し、2020年11月からエアバッグなどの自動車部品を供給する予定。

 同社はインドネシア共和国西ジャワ州カラワン県に所在。資本金は2200万米ドル。生産品目はセーフティシステム製品(各種エアバッグ)、機能部品(燃料系部品等)で、面積は土地が5万㎡、建屋が2万㎡。投資額は約45億円(2025年度まで)。同社ではエアバッグを中心とするセーフティシステム製品を重点事業と位置づけ、今後も生産体制をグローバルに強化していくとしている。

 

豊田合成インドネシア(完成予想図)

豊田合成インドネシア(完成予想図)

関連キーワード: ·

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー