ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

インドネシアで工場開所 合成ゴムの合弁会社

2018年11月30日

ゴムタイムス社

 外電によるとインドネシアの石油化学最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルは29日、フランスのタイヤ大手ミシュランとの合弁会社が、バンテン州チレゴンに建設した合成ゴム工場を開所した。

 溶液重合スチレンブタジエンゴム、ポリブタジエンラバーを製造する工場は国内で初めてとなる。

 合弁会社はシンセティック・ラバー・インドネシア(SRI)。チャンドラ・アスリの子会社が45%、ミシュランが55%を出資している。

 SRIは工場建設に4億3500万米ドル(約493億円)を投じた。工場の年産能力は12万トン。原料のブタジエンはチャンドラ・アスリの子会社から調達し、製品の合成ゴムはタイヤの原料としてミシュランに供給する。

 インドネシア国内の合成ゴム需要は、昨年だけで年間23万tに上り、これまでその大半を輸入に依存していた。

 同日の開所式に出席したアイルランガ産業相は「SRIの工場が稼働したことで、国内で生産されたブタジエンとスチレンモノマーが合成ゴムの原料として活用されて付加価値が高まり、石化下流産業の構造基盤がさらに強化される」と歓迎した。

 

関連キーワード: ·


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com