ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

バンドー化学の4~9月期 自動車部品好調で増収増益

2018年11月12日

ゴムタイムス社

 バンドー化学の2019年3月期第2四半期連結決算は、売上高が482億100万円で前年同期比5・3%増、営業利益は38億800万円で同23・4%増、経常利益は45億4600万円で同34・2%増、四半期純利益は33億5200万円で同29・0%増となった。

 自動車部品事業は、売上高が209億1900万円で同2・9%増、セグメント利益は16億7200万円で同14・7%増。国内では自動車生産台数が前年水準で推移し、補機駆動用伝動ベルトと補機駆動用伝動システム製品の販売が増加した。海外では中国で主要顧客の生産台数の増加により販売が増加した。アジア地域において積極的な顧客開拓に注力したことで、補機駆動用伝動ベルト、補機駆動用伝動システム製品およびスクーター用変速ベルトなどの販売が増加した。
 産業資材事業は、売上高が180億200万円で同8・8%増、セグメント利益は10億3900万円で同5・2%減。取引先への不具合対応により原価が増加した影響があり減益となった。一般産業用伝動ベルトは、国内では民間設備投資需要が増し産業機械用の販売が増加した。米国と中国では販売強化により農業機械用や産業機械用の販売が増加した。運搬ベルトは国内で鉄鋼向けなどの案件が増加した。
 高機能エラストマー製品事業は、売上高が78億2800万円で同1・7%減、セグメント利益は4億4300万円で同192・9%増。高付加価値製品への転換が進み増益となった。機能フイルム製品は、建装材業界への販売強化により、建築資材用と工業資材用の販売が増加した。新たな用途開拓を進めている自動車・二輪車用外装フイルムの販売も増加した。精密機能部品は、中国で主要顧客であるOA機器メーカーの生産台数は横ばいで推移したが補給部品市場の低迷でブレードなどの販売が減少した。

 通期業績予想の変更はなく、売上高が940億円で前期比3・0%増、営業利益は65億円で同2・6%増、経常利益は70億円で同6・1%増、当期純利益は50億円で同4・3%増を見込んでいる。

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー