ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

三ツ星ベルトの4~9月期 売上高は3%増 ベルト事業は国内外で増収

2018年11月08日

ゴムタイムス社

 三ツ星ベルトの2019年3月期第2四半期連結決算は、売上高は367億6400万円で同3・3%増、営業利益は47億2700万円で同0・2%減、経常利益は52億5600万円で同0・6%増、四半期純利益は35億3200万円で同2・6%減となった。

 セグメント別では、国内ベルト事業の売上高は143億4000万円で同2・4%増、営業利益は35億9500万円で同4・7%減となった。

 自動車用は同社製品採用車種の生産が減少し、組み込みライン用の売上高は微減。また、補修用ベルトは車検交換需要の低下で売上が減少し、全体では前年同期を下回った。一般産業用は、射出成形機やロボット業界の需要が堅調で売上は増加した。搬送ベルトも食品や物流業界向けの売上高が好調に推移するとともに、合成樹脂素材も企業の設備投資による需要増加に伴い、売上高が伸長した。OA機器用はユーザの中国向け機種の減少影響などで売上高は減少した。

 また、海外ベルト事業の売上高は173億3800万円で前年同期比3・3%増、営業利益は23億5100万円で同12・3%増。

 自動車用は、欧米では二輪車用の拡販に加え、四輪車用の新規需要の獲得により売上高が増加。アジアでは二輪車用の補修需要が好調に推移したことから、全体売上高は増加した。一般産業用は、欧米では売上高が減少したものの、アジアでは一般補修用の拡販に加え、新規受注の獲得で売上高が増加し、全体では前年同期並みとなった。また、OA機器用売上高は横ばいで推移した。

 なお、通期の業績予想については、当初予想から変更なく、売上高が685億円で同1・6%減、営業利益は76億円で同9・8%減、経常利益は76億円で同13・7%減、当期純利益は60億円で同4・0%減を見込んでいる。

 

関連キーワード: ··