ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

タイガースポリマーの4~9月期 営業減益も売上高6%増

2018年11月08日

ゴムタイムス社

 タイガースポリマーの2019年3月期第2四半期連結決算は、売上高が220億700万円で前年同期比5・8%増、営業利益は13億5100万円で同6・9%減、経常利益が16億1600万円で同5・4%増、四半期純利益が11億2100万円で同6・7%増となった。

 セグメント別では、日本は売上高が104億6400万円で同0・5%増、セグメント利益は7億6200万円で同14・7%減、米州は売上高が79億4500万円で同18・7%増、セグメント利益は2億7600万円で同30・7%増、東南アジアは売上高が12億5600万円で同12・0%増、セグメント利益は1億9800万円で同55・7%増、中国は売上高が23億4100万円で同9・0%減、セグメント利益は5400万円で同70・4%減となっている。

 通期の連結業績予想は前回発表から修正はなく、売上高が430億円で前期比0・5%増、営業利益が28億円で同4・9%増、経常利益が29億5000万円で同7・0%増、当期純利益が20億円で同0・9%増を見込んでいる。

関連キーワード: ·