ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

取材メモ 8割以上が人手不足

2018年11月07日

ゴムタイムス社


 日本ゴム工業会の幹事会で、労務委員会の関係資料として、雇用状況調査の結果が報告された。
 調査は今年4月末に実施され、会員企業103社のうち80社から回答があった。回答率は77・7%。
 調査項目のうち、雇用面での当面の課題については、「労働力が不足している」の回答数が80社中65社となり、回答した企業の81・3%に上った。昨年の83・7%に比べ、やや改善しているものの、8割以上の企業が人手不足に悩む傾向が続いている。
 このうち、生産部門が不足していると回答した企業が47社と最も多かった。
 反対に、「労働力が過剰である」と回答したのは6・3%だった。
 過去10年の調査結果を振り返ると、リーマンショック後の2009年には労働力が不足していると回答したのは

関連キーワード: ·