ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

住友理工 体圧センサーが欧州基準に適合

2018年11月05日

ゴムタイムス社

 住友理工は11月5日、体圧検知センサー「SRソフトビジョン」が、欧州市場への参入を目指し、医療機器としてCEマーキングに適合したと発表した。

 同製品は、同社が開発した柔らかく丈夫なゴムでできた圧力検知センサー「スマートラバー(SR)センサ」を応用した、体圧分布やバランスを可視化するシート型のセンサー。床ずれ防止のための体位変換や車椅子用クッションの選定をはじめ、リハビリ支援などで介護士や看護師、理学療法士に活用されている。同製品は専用のソフトウェアをインストールしたPCやタブレットなどの端末と本体をUSBで接続するだけで使用することができる。

 同製品は、欧州で販売するために必要なCEマーキングに今年5月に適合し、端末にインストールするソフトウェアも英語・ドイツ語に対応して欧州市場での販売の準備が整った。シートの大きさは縦横45cm×45cm、重量は260gと持ち運びが容易で、誰でも簡単に使用できる同製品の特長を生かし、医療・介護施設だけではなく、欧州では一般的な在宅介護での利用も視野に、同地域での拡販活動を進めていく。

 同社は、同製品の欧州での今年度中の販売開始を見据え、昨年に引き続き11月12日からドイツ・デュッセルドルフ見本市会場で開催される国際医療機器展示会「MEDICA2018」に出展し、英語・ドイツ語に対応した「SRソフトビジョン欧州版」を出品することにしている。

 

SRソフトビジョン(欧州版)

SRソフトビジョン(欧州版)

ブースイメージ

ブースイメージ

関連キーワード: ·