ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

東ソーの4~9月期 石油化学事業は増収減益 交易条件の悪化などで

2018年11月01日

ゴムタイムス社


 東ソーの2019年3月期第2四半期連結決算は、売上高は4244億5900万円で前年同期比8・4%増、営業利益は560億300万円で同2・8%増、経常利益は607億4700万円で同4・3%増、四半期純利益は416億7200万円と同3・4%増となった。

 セグメント別では、石油化学事業の売上高は939億1700万円で同5・6%増、営業利益は79億9200万円で同22・2%減となった。、売上高はナフサ価格や海外製品市況の上昇に伴う販売価格の上昇で増収となったものの、交易条件の悪化などにより減益となった。製品では、エチレン、プロピレン等のオレフィン製品は、定修年による生産量の減少に伴い出荷が減少したものの、ナフサ価格等の上昇を反映して製品価格は上昇した。また、ポリエチレン樹脂は、国内出荷が減少したが、ナフサ価格の上昇を反映して製品価格は上昇。クロロプレンゴムは、生産量の減少に伴い出荷が減少したが、堅調な海外需要を背景に輸出価格は上昇した。

 通期の連結業績予想は、前回予想より売上高は上方修正、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する純利益は下方修正した。それによると、売上高は8800億円で前期比6・9%増、営業利益は1000億円で同23・4%減、経常利益は1050億円で同20・6%減、親会社株主に帰属する純利益は710億円で同20・0%減を見込んでいる。

関連キーワード: ·