ゴムタイムス70周年の画像

18年1~9月のゴムベルト生産実績 総合計は1%減 輸出13%増 コンベヤ輸出が回復基調

2018年10月30日

ゴムタイムス社

 日本ベルト工業会がこのほど発表した18年1~9月のゴムおよび樹脂ベルト生産状況によると、ゴムベルト生産量(新ゴム量)は合計で1万9668tで前年同期比1%減となった。

 内需はコンベヤが同6%減、伝動ベルトも3%減となり、生産量合計は1万4614tで同4%減となった。

 輸出に関しては、コンベヤが同20%増、伝動ベルトが同8%減となり、生産量は5054tで同13%増だった。

 品種別では、コンベヤ合計の1~9月は1万1022tで同2%増となった。内需向けが今年4月以降6ヵ月連続で減少しているのに対し、輸出向けは鉄鉱石価格の持ち直しを受け、回復の兆しを見せており、コンベヤの輸出向けは5ヵ月連続のプラスとなっている。

 一方、伝動ベルト合計の1~9月は8646tで同3%減となった。内需は7530t

全文:約979文字

関連キーワード: ·