ゴムタイムス70周年の画像

取材メモ トラブル一覧表を作成

2018年10月24日

ゴムタイムス社


 日本ゴム協会・成形加工技術研究分科会が10月19日に開いたゴム技術シンポジウムで、近藤寛明主査が同分科会の活動について触れていた。近藤主査は成形加工では、計量、混練り、貯蔵、圧延、押出、加硫などの流れがあると説明した上で、「成形加工のトラブルは避けて通れない。この成形加工の一連のトラブル対策をまとめたものは見つからなかった」として、同分科会は、ゴムの成形加工工程のトラブル対策や、今までの文献・成書をもとに各種トラブル事例とその対策を各工程についてまとめ、成形工程トラブル一覧表を作成した。

全文:約400文字