ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

ブリヂストン ワールドワイドパラリンピックパートナーに決定

2018年10月18日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは10月18日、ワールドワイドパラリンピックパートナーとなることを発表した。同パートナーは、国際パラリンピック委員会(IPC)にとって7社目。

 同社は、すでに2024年までのワールドワイドオリンピックパートナーとなっており、今後は同期間においてパラリンピックについても普及や支援をする権利を得て、タイヤ、タイヤや一部の自動車に関連するサービス、自転車(電動・モーターアシスト除く)、免震ゴム、建築資材や産業製品を含むカテゴリーにおいてパートナーとしての権利をグローバルで保有することになる。

 同社はこれまでに東京2020パラリンピックのゴールドパートナー契約や、日本、タイおよび米国のパラリンピック委員会とのパートナー契約のほか、国際的に活躍しているパラアスリートの支援を発表している。この支援には、東京2020パラリンピック出場を目指す同社グループの従業員パラアスリート8人も含んでいる。

 IPCのアンドリュー・パーソンズ会長は「同社が掲げる『チェイス・ユア・ドリーム』のメッセージは、パラリンピック・ムーブメントやIPCの目指すものと完璧なシナジーを生み出すと確信している」とコメントしている。

 また、同社の津谷正明代表執行役CEO兼取締役会長は「IPCの重要なミッションである『パラスポーツを通じてよりインクルーシブな社会を創造すること』をこれまで以上に支援できることは、当社にとって光栄なことだ」と述べている。

 同社は、タイヤで培った技術を活用してパラアスリートを支援しており、パラトライアスロン競技で使用する義足用のゴムソールや、車いすテニスや車いすバドミントンで使用するグローブ用のゴムを開発するプロジェクトを推進しているほか、ブリヂストンサイクルとブリヂストンスポーツを通じて、パラサイクリング競技に参戦するパラアスリートに対する機材供給や技術サポートの提供、また車いすテニスプレイヤーへの機材供給を行っている。

ロゴ

ワールドワイドパラリンピックパートナーのロゴ

関連キーワード: ·