ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

JRM 第42回例会を京都で開催

2018年10月12日

ゴムタイムス社

 日本ゴム機械懇話会(JRM、髙木康彦会長)は10月10日、第42回JRM例会を京都のエクシブ京都浜離宮で開催した。
 会員をはじめ報道関係者含め23人が出席。JRM会員の近況報告が行われたほか、京都・大原三千院の観光が雨天中止となったため、会員らで「今後のゴム機械メーカーについて」などのテーマで議論がなされた。

会員らで近況報告が行われた

会員らで近況報告が行われた

 冒頭のあいさつで、髙木会長は「JRMでは、会員の顧客の大半が自動車に関連する企業が多く、自動車を中心としたゴム機械メーカーが集まっている。近況報告で忌憚のない意見交換をしながら、ぜひ明日からの会社の繁栄につなげてほしい」と要望した。また、「今年は、西日本豪雨をはじめ、関西地区にとっては25年ぶりの強い台風21号や台風24号など天災が起こり、被害を受けた企業もある。このことから、企業はますます予防保全に力を注いでいるが、ゴム機械メーカーも改めて危機管理を徹底していかなくてはいけない」と危機管理の重要性を強調した。

 

 

本文:約1055文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: