ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

墨東ゴム工業会 シリコーンテーマで三木会開く

2018年10月09日

ゴムタイムス社

 墨東ゴム工業会(堀田秀敏会長)は10月4日、東京都・墨田区のすみだ生涯学習センターで三木会を開催した。
 会員、賛助会員ら約35人が参加した。

35人以上が受講し盛況だった

35人以上が受講し盛況だった

 10月の三木会では、信越化学工業の電子材料技術研修所の堀田昌克主席研究員と片桐淳営業第三部課長を招き、「シリコーンゴムの新材料について」と題して、講演会が開催された。
 冒頭、片桐課長は中国の環境規制の影響で原料がひっ迫していることについて触れ、「ここ一年、中国による廃棄物や排ガスの抑制により、モノマー工場の停止や廃止、減産などに追い込まれている。その影響で各シリコーン企業の原料がタイトになってきた」と説明した。

シリコーンの現況について説明する片桐営業第三部課長

シリコーンの現況について説明する片桐営業第三部課長

 また今後の原料動向では、片桐課長は「アメリカと中国の貿易戦争の影響により、来年には潮目が変わってくるのではないか」と分析し、「2020年までに世界的にシリコーン事業の約1100億円の設備投資を行うことで、来年あたりには皆様のご希望に添える形になるだろう」と述べていた。

本文:約865文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·