ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

今年度のグッドデザイン賞 タイヤ・シューズなどが受賞

2018年10月09日

ゴムタイムス社

 日本デザイン振興会は10月3日、今年度の「グッドデザイン賞」の受賞結果を発表した。前年を上回る4789件の応募の中から1353件が受賞した。ゴム関連企業ではタイヤメーカーのほか、三井化学、アトム、ミドリ安全などが受賞している。また、三菱地所設計による横浜ゴムの研究施設の設計も受賞した。

 

 ◆ブリヂストン
 ブリヂストンは、コルゲート被覆パイプ「らく楽コルゲートパイプ」、電動アシスト自転車「イルミオ」、電動アシスト自転車「フロンティアラクットシリーズ」の3製品が受賞。らく楽コルゲートパイプは、住宅用給水給湯用の配管システムに使用する樹脂管で、巻き癖が少なく施工性に優れた同社製パイプをコルゲート管で被覆し、継手との接続性や耐傷性に優れる。イルミオは、子育てが一段落した世代に向け光文社の『STORY』誌と共同開発した製品で、「自分だけの自転車で自分時間を楽しめる生活」がコンセプト。フロンティアラクットシリーズは、シニア世代に向け、またぎやすさ、乗り降りしやすさ、こぎやすさの3点が楽になるよう設計している。

らく楽コルゲートパイプ

らく楽コルゲートパイプ

 ◆住友ゴム
 スポーツ用人工芝「ハイブリッドターフXP―mono」が住ゴム産業と共同で受賞した。ヤーンに業界でも画期的なベージュ色を採用することで色調を限りなく天然芝に近づけた3色配合のロングパイル人工芝で、人工芝市場で重視される耐久性に加え、美しさを実現した。今年9月に利用が開始した福島県のサッカーナショナルトレーニングセンター・Jヴィレッジの全天候型練習場にも採用されている。

ハイブリッドターフXP―mono

 ◆横浜ゴム
 プレミアムコンフォートタイヤ「アドバンdB・V552」、ヒストリックカー向けタイヤ「アドバンHFタイプD」、SUV・ピックアップトラック向けマッドテレーンタイヤ「ジオランダーX―MT」が受賞した。アドバンdB・V552は、ヨコハマ史上最高の静粛性に加えウェットグリップ性能と低燃費性能を高次元でバランスした。アドバンHFタイプDは、歴史的ヒット商品の復刻モデルで、オリジナル商品の特徴である非対称パターンを継承している。ジオランダーX―MTは、オフロード走行、ロックトレイルを楽しむユーザー向けで、自然界の岩をイメージしたロックコンセプトトレッドを採用した。

ジオランダーX―MT

 ◆東洋ゴム
 除雪トラック専用スノータイヤ「M925」が受賞した。同社では多くの高速除雪トラックが一般的なトラック用スタッドレスタイヤを装着していることに注目し、ドライバーの負担を小さくしながら作業に寄与する除雪車専用スノータイヤを開発した同タイヤは、異形V字状の太い溝を主体とした専用のデザインを採用して高い駆動性とその性能低下を防止する設計によって氷雪路面でも強力な駆動力を実現した。

M925

 

 

 ◆三井化学
 海水のミネラルから生まれたイノベーティブプラスチック「NAGORI樹脂」、次世代アイウェア「タッチフォーカス」、体験型デジタルショーケース「タッチ・ザ・タッチフォーカス」の3製品が受賞。NAGORI樹脂は、陶器のような質感でありながら割れにくく高い加工性を持つため、デザインの自由度を広げる新しい素材で、陶器のような熱伝導性と重量感、量産加工性を有し、将来的には、海水淡水化の過程において廃棄される濃縮水を原料として活用することを見据えている。

 ◆アトム
 作業用手袋・長靴を中心とした各種作業用品を手掛ける同社は、長靴 「ポケブー」が受賞した。急な悪天候やゲリラ豪雨、キャンプなどに向け長靴を用意する際の持ち運びの利便性を改善するために誕生した携帯用長靴で、長靴本体を極限まで薄くすることにより、両足でペットボトル1本分相当の軽量化に成功し、鞄の中や机の引き出しに気軽に収めることができるほか、長靴本来の機能性も大切にし、防水効果・グリップ力に加え、足全体に圧迫感のない柔軟性を与え、足全体に吸い付くようなフィット感と快適な履き心地を実現している。

 

ポケブー

 ◆ミドリ安全

 使用済み保護具の回収・リサイクルシステム 「ミドリ ワイダクス」が受賞した。このシステムは、全国の顧客にダイレクトに販売した安全衛生保護具が使用済みとなった際に回収・リサイクルするためのもので、複数の都道府県にまたがって廃棄物となった製品を回収でき、顧客の産業廃棄物管理業務を軽減し、廃棄物の不適正処理を抑制する。

 

 ◆アシックス
 野球用スパイクシューズ「スピードアクセル100SM」と「アイスタンドSM」、スポーツブラ「Flex・Bra」、グラウンドゴルフ用スタートマット「GGスタートマット」、トビナワ 「フィットネス用トビナワ」、作業靴「ウインジョブCPシリーズ」と「ウィンジョブ」が受賞した。野球用スパイクシューズは、ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手の意見を取り入れ開発を行った靴底を採用し、爪先部にはポリウレタン素材のパーツを使用する事でP革を後付けする事が不要になっている。

アシックス 野球用スパイクシューズ

野球用スパイクシューズ

 ◆三菱地所設計
 「横浜ゴム研究開発センター第二ビル」の設計が受賞した。同ビルは横浜ゴムの平塚製造所内に建つ研究開発施設で、様々な部門が集結し各フロアで最先端の研究開発に取り組んでおり、研究者の分野や所属の垣根を越え、異なる専門領域に属する研究者が融和して新しい発想や技術を生み出すため、研究空間をつづら折り状に繋がるワンルームのイノベーションエリアとして設計し、外装も内部機能と呼応する形状として計画した。

 

三菱地所設計 横浜ゴム研究開発センター第2ビル

横浜ゴム研究開発センター第2ビル

関連キーワード: