ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

横浜ゴム タイヤ3製品がグッドデザイン賞を受賞

2018年10月03日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは10月3日、プレミアムコンフォートタイヤ「アドバンdB・V552」、ヒストリックカー向けタイヤ「アドバンHFタイプD」、SUV・ピックアップトラック向けマッドテレーンタイヤ「ジオランダーX―MT」が、2018年度グッドデザイン賞を受賞したと発表した。各商品ともターゲットユーザーの目線に立った特徴的なデザインや優れた性能が評価された。

 アドバンdB・V552は、ヨコハマ史上最高の静粛性を提供するタイヤで、優れた静粛性に加え、ウェットグリップ性能と低燃費性能を高次元でバランスした。

 アドバンHFタイプDは、1981年に発売した歴史的ヒット商品の復刻モデルで、オリジナル商品の特徴だった非対称パターンを継承しつつ、現代の基準に適合した走行性能や安全性能を実現している。

 ジオランダーX―MTは、オフロード走行、ロックトレイルを楽しむユーザー向けに開発したタイヤで、自然界の岩をイメージしたオフロード感溢れるロックコンセプトトレッドを採用し、性能面ではあらゆる路面でのオフロード性能を追求しつつ、パターンノイズの抑制にも配慮した。

 グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する総合的なデザイン推奨制度で、国内外の多くの企業や団体が参加しており、受賞作品には優れたデザイン性を象徴する「Gマーク」の使用が認められる。

 昨年は同社の乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガード6」とSUV・ピックアップトラック向けマッドテレーンタイヤ「ジオランダーM/T・G003」の2製品が同賞を受賞している。

 同社では、2002年に乗用車用タイヤ「エコタイヤDNA」シリーズがタイヤ業界で初めてエコロジーデザイン賞を受賞したほか、乗用車用タイヤからトラック・バス用タイヤまで、今回受賞した3製品を含む11商品がグッドデザイン賞を受賞した。

 タイヤ商品以外では次世代環境タイヤコンセプト「ブルーアース」やタイヤ空気圧モニタリングシステム、ゴルフ用品、介護福祉商品などが受賞している。

 

アドバンdB・V552

アドバンdB・V552

アドバンHFタイプD

アドバンHFタイプD

ジオランダーX―MT

ジオランダーX―MT

関連キーワード: ··