ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

ブリヂストン 低摩擦すべり支承を発売

2018年10月01日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは10月1日、地震の際の建物の揺れを長周期化することで軽減する、低摩擦タイプの弾性すべり支承「STシリーズ」を発売すると発表した。

 同製品は、低層建物から超高層ビルまで幅広く適用可能で、同社の従来品より低い摩擦係数を実現し長周期化性能のさらなる向上を図っている。従来品のすべり板では、ステンレス板の上にフッ素樹脂の一種であるポリ・テトラ・フルオロ・エチレン(PTFE)の薄膜をコーティングすることで低摩擦を実現していたが、同製品では独自の新技術によりステンレス板のみのコーティングレス構造を採用しながら摩擦係数μ=0・007を実現した。

 弾性すべり支承は、主に積層ゴム部とすべり板から構成され、小振幅の地震の際には積層ゴム部のみが変形し、振幅が大きくなると積層ゴム部とすべり板間ですべりが発生して大地震の大きな揺れに追従する免震装置で、一般的に、積層ゴム部とすべり板間の摩擦係数が低いほど長周期化性能が高くなる。

 低摩擦タイプの弾性すべり支承は、高減衰ゴム系積層ゴムや天然ゴム系積層ゴムなど様々な免震ゴムと組み合わせて使用され、地震の際の建物の揺れをより長周期化する役割を担っている。

 

弾性すべり支承「STシリーズ」(商品一例)

弾性すべり支承「STシリーズ」(一例)

弾性すべり支承「STシリーズ」構造図

弾性すべり支承「STシリーズ」構造図

関連キーワード: ·