ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

エア・ウォーター 高耐熱Oリングを開発 250℃対応のFKM製

2018年09月05日

ゴムタイムス社


 エア・ウォーターは9月4日、Oリングなどのシール材を製造・販売する子会社エア・ウォーター・マッハが、汎用フッ素ゴム(FKM)と日本ゼオン製の単層カーボンナノチューブを複合化し業界最高水準の高耐熱性能を有するOリングを開発したと発表した。エア・ウォーター・マッハが10月からサンプル供給を始め、2019年1月から量産を開始する予定。

 開発品は、250℃の使用環境下でも圧縮性能や力学的強度を保持し安定したシール性能を発揮するほか、金属製ハウジング部品との粘着・固着現象の発生を大幅に抑制し、静電気による異物付着を防止するとともに、静電気放電による影響が低減されるのが特徴となっている。

 耐熱性能が求められるOリングの材料としては、200℃を超える高温域では特殊なフッ素ゴムであるパーフルオロエラストマー(FFKM)が利用されるのが一般的だが、FKMに比べ高価なことが欠点だった。

 化学プラントでは生産効率向上のため稼動温度の高温化が進んでおり、各部品への耐熱性向上のニーズが高まっている。また、自動車のモーターや発電機のタービンなども小型化や高出力化に伴い高温の環境下で使用されるようになっていて、シール部材であるOリングにも高い耐熱性能が求められている。

 

関連キーワード: ·