ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

ブリヂストン 植物由来IR研究に参画

2018年08月31日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは8月31日、植物原料由来イソプレンゴムの実用化に向けた研究プロジェクト「植物原料由来イソプレン及び高機能イソプレン誘導体製造技術の社会実装に向けた課題抽出」に参画すると発表した。

 このプロジェクトは、タイヤの原材料として使用されている天然ゴムや石油由来の合成ゴムを代替し得る、植物原料由来イソプレンゴムの実用化・事業化に向け、製造技術、精製・重合技術、コスト等に関する調査研究を通じて課題抽出を行うもので、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「スマートセル関連技術の社会実装推進に向けた先導研究テーマ」に採択されている。

 同社は天然ゴムを代替する材料を人工的に合成する研究を進めており、2016年には、同社独自の触媒技術を用い、天然ゴム以上の性能を持つ次世代ゴムを実現しうるポリイソプレンゴム(合成ゴム)の合成に成功している。

 植物原料由来のイソプレンを用いることも可能な、この技術の実用化・事業化に向け、同プロジェクトに参画する三菱ケミカルリサーチ、JSR、三菱ケミカルと連携し、タイヤ原材料の安定供給源確保や製造プロセスの確立等、イソプレンのバリューチェーンに関わる検討課題の明確化を図り、植物由来原料を用いたタイヤの商用化を目指す。

 この取組みは、同社が2050年を見据えた環境長期目標として掲げる100%サステナブルマテリアル化の達成に大きく貢献すると同社は見ている。

 同社グループは、今後も世界最大のタイヤ会社・ゴム会社として様々なニーズに応えながら地球の自浄能力・扶養力とバランスのとれた事業運営に取組み、持続可能な社会の実現に貢献することにしている。

 

植物原料由来イソプレンを用いたタイヤ製造プロセス(イメージ図)

植物原料由来イソプレンを用いたタイヤ製造プロセス(イメージ図)

関連キーワード: ·