ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

三井化学 超高分子量PEを能増 15%増の年産8500tに

2018年08月30日

ゴムタイムス社


 三井化学は8月29日、自動車用及び産業用バッテリーの需要拡大に対応するため、山口県にある岩国大竹工場の超高分子量ポリエチレン「ハイゼックスミリオン」の生産設備を増強し、8月7日より営業運転を開始したと発表した。

 同社の同製品の生産能力は7500t/年から約15%増強され、8500t/年となった。

 同製品は同社独自の触媒技術とプロセス技術を活用して開発した平均分子量最大600万の超高分子量ポリエチレンで、耐薬品性、耐摩耗性、耐衝撃性や自己潤滑性に優れていることから、リチウムイオンバッテリーセパレーターや産業資材、医療器具など様々な分野において利用されている。

 同製品は、形状が均一で溶解性に優れており、加工過程での節約に貢献することから、同社グループの環境貢献度の高い製品の指標であるブルーバリュー製品に認定されている。

 

関連キーワード: ·