ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

日本ゼオン タイにアクリルゴム新拠点 10月中旬に設立予定

2018年08月29日

ゴムタイムス社


 日本ゼオンは8月29日、アクリルゴムの製造および販売事業を展開する子会社「ゼオン・ケミカルズ・アジア」(仮称)をタイに設立すると発表した。

 タイ・ラヨーン県に今年10月中旬に設立予定で、資本金は12億5000万タイバーツ(約41億6000万円)としている。

 アクリルゴムは耐熱性、耐油性に優れた特殊ゴムの一つで、その特性を生かし、内燃機関搭載車のシールやガスケット、ホースなどの素材として使用される。

 パワートレインの電動化が進む一方、世界の内燃機関搭載車の伸びとターボ搭載車比率の高まりによって、アジア地域を中心にアクリルゴムの需要増が見込まれる。アクリルゴムの需要増を着実に取り込むことによって、合成ゴム事業の強化を目指す。

 

関連キーワード: ·