ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

ランクセス 伊にPUD研究所を新設

2018年07月25日

ゴムタイムス社

 独ランクセスは7月25日、特殊水系ポリウレタン分散剤(PUD)の用途開発と技術サービスを行なう研究所をイタリアのラティーナに新たに開設すると発表した。

 新たな研究所は、同じ拠点内で稼働しているウレタンシステムズ(URE)ビジネスユニットの技術サービスセンターの中で、特殊水系ポリウレタン分散剤に特化した独立した施設となる。技術に特化し科学的に高度なサービスを提供することで、同ユニットが構築してきた顧客やエンドユーザーとのパートナーシップを強化するために建設されたもので、18年度第3四半期の稼働を予定している。

 新たな研究所では、ガラス繊維のサイジングだけでなく、皮革や繊維の表面仕上げ、プラスチック、ガラス、金属の支持体被覆に使用される多様なコーティング剤や接着剤用途において市場のニーズをサポートすることが可能となる。

 同ユニットの責任者であるマーカス・エッカート氏は、「VOC(揮発性有機化合物)フリーと低カーボンフットプリント素材に対する顧客の需要は増加しており、取扱制限物質に対する規制強化で、水系製品の応用研究の必要性は高まっている。用途開発に特化した技術センターの開設は、環境に優しい技術と化学の観点においてもランクセスの戦略と一致している。ラティーナの研究所では、高い技術的差別化を図り、市場のニーズを満たすための分析作業、製剤開発、新規製品の合成が可能だ」と述べている。

 ウレタンコーティングは、耐摩耗性、耐摩擦性、耐薬品性、紫外線耐性を備えている必要があり、同社では、これら全ての課題に対するソリューションを提供することが可能となっている。

 同社の同ユニットは、特殊水系ポリウレタン分散剤、コーティングシステム、ポリエステルポリオールや、ホットキャストプレポリマーの主要メーカーの1つで、様々な用途向けの高い専門性を誇るポリウレタン系のノウハウ、グローバルな製造能力、用途開発の専門知識により、顧客のニーズに応えるカスタムメイドのソリューションを提供している。

 

研究所

ラティーナの新研究所

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー