ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

東部ゴム商組 プラスチックの基礎テーマに勉強会を開催

2018年07月12日

ゴムタイムス社

  東部工業用ゴム製品卸商業組合(山上茂久理事長)は7月11日、東京台東区のAP秋葉原・秋葉原ビジネスセンターで、恒例の勉強会を開催した。
 今回は「プラスチックの基礎知識」」と題し、ニシヤマの高橋航也営業技術部技術グループ主任を講師に招き開かれた。
 ゴムに関する勉強会は同組合で開かれているが、プラスチックに関する勉強会は今回で2回目。前回も定員を上回る参加者だったが今回も180人以上が聴講した。
 講演前に永田嘉男副理事長が「ゴムのみらなずプラスチック製品は無視できない分野のひとつになっている。私の会社でも樹脂製品の割合も多い。組合員のなかでも樹脂に本格的に取り組んでいる企業様も多いのではないか。今回、基礎知識を勉強していただき、役立ててもらいたい」とあいさつした。

 

本文:663文字

写真・表・グラフあり