ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン 米子会社がタイヤ・ホイール管理ソフトウェアを提供開始

2017年01月25日

ゴムタイムス社


 ブリヂストンは1月25日、同社の米国子会社ブリヂストン・アメリカス・インク(BSAM)が、建設・鉱山車両用のタイヤ・ホイール管理ソフトウェア「トレッドスタット」を刷新し、2017年1月より提供を開始すると発表した。

 変化し続ける鉱山業界のニーズに対応するため、「トレッドスタット」には様々な新機能が含まれており、情報分析機能などを活用することによって顧客のタイヤのライフサイクル全体にかかるコスト管理をサポートし、効率性および収益性の向上に貢献するとしている。

 刷新された「トレッドスタット」では、カスタマイズ可能なダッシュボードなど、新しいユーザーインターフェイスを備えている。また、世界のあらゆる場所からコンピュータやタブレット、スマートフォンでインターネットを経由して分析情報にアクセスすることが可能。技術面では、多言語サポート機能の追加や、利便性に優れたAPIのほか、当社の「B―TAG」(タイヤ圧力・温度管理システム)からの即時的なデータ反映機能などを採用しており、効率性の向上に寄与する。高度な分析機能を用いれば、事業の規模や地域を問わず、タイヤを安全により長く使用することができ、在庫の適正管理、安全性の向上、コストの最小化に貢献。また、交換時期の予測や作業スケジュール、予算管理の精度を高めることができる。

 さらに、専用のアプリを公開しており、これを活用することでモバイルデバイスやタブレット上で「トレッドスタット」にアクセスできる。このアプリは、オンラインでもオフラインでも使用可能で、車両の点検データなどの詳細な情報に世界中のあらゆるデバイスからアクセス可能。これにより、タイヤ・ホイールに関する情報をグローバルで一元管理することができ、オペレーションの効率化に貢献する。

 同社グループは「トレッドスタット」を通じて、全世界の建設・鉱山車両用タイヤの管理に携わる顧客の効率性、生産性向上に貢献していく。

http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2017012501.html