ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン 2018年のモータースポーツ活動計画を決定

2018年03月09日

ゴムタイムス社


 ブリヂストンは3月9日、2018年のモータースポーツ活動計画を決定したと発表した。

 同社は、様々なスポーツイベントを通じたブランディング、マーケティング活動の中で、モータースポーツをタイヤビジネスに直接関わる重要なコミュニケーションプラットフォームとしている。

 今年もトップカテゴリーのレースからアマチュアドライバーによる参加型のレースまで、多くのモータースポーツを通じて、車両メーカー、その他関係者と共に「楽しいクルマ・バイク社会づくり」、「モータースポーツの発展」に取り組んでいく方針。

 日本では、4輪レースのSUPERGTや2輪の全日本ロードレース/鈴鹿8時間耐久ロードレースに、海外においては、欧州を中心に行われる世界最高峰の2輪の耐久レースFIM世界耐久選手権に参戦するチームにタイヤを供給する。

 北米では、19年連続でベライゾン・インディカー・シリーズへファイアストンブランドのタイヤをワンメイクで供給。これらの厳しい競争下で行われるトップカテゴリーレースを通じて、タイヤ開発力の強化を進めていく。

 また、「クルマ好きを増やす活動」として、日本国内で行われるトヨタ・ガズー・レーシング86/BRZレース、ロードスター・パーティレースⅢやジムカーナ、ドイツで開催され、毎年20万人以上の観客を集めるニュルブルクリンク24時間耐久レースといった参加型のモータースポーツにも引き続きタイヤを供給し、多くの方に「走る楽しさ」を提供していく。

 4輪レースでは主にポテンザブランドで、2輪レースでは主にバトラックスブランドのタイヤで、チーム・ドライバー・ライダーをサポートしていく。

 4輪レースでは、SUPER GT、 CIK-FIA選手権(世界・欧州選手権)・全日本カート選手権、全日本ジムカーナ選手権、 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、ロードスター・パーティレースⅢ、Verizon IndyCar Series、ニュルブルクリンク24時間耐久レースの7レースをサポートする。

 2輪レースでは、FIM 世界耐久選手権(EWC)、FIM世界耐久選手権鈴鹿8時間耐久ロードレース、MFJ全日本ロードレース選手権、MFJ全日本モトクロス選手権の4レースをサポートする。