ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

東洋ゴム 人とくるまのテクノロジー展名古屋へ出展

2018年07月02日

ゴムタイムス社

 東洋ゴム工業は6月29日、ポートメッセなごやで7月11日から13日まで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」に出展すると発表した。
 この展示会は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術専門展として1992年に始まったもので、同社は今回、「人の感覚や感性に働きかけるテクノロジー」や「未来モビリティをデザインするテクノロジー」など独自のユニークな技術アプローチを集積して紹介する。
 製品としては、空気充填不要のエアレスタイヤ「ノアイア」をはじめ、ナノレベルでタイヤのゴム材料をコントロールする「ナノバランステクノロジー」を採用し高度に低燃費化を実現した乗用車用タイヤ「プロクセス スポーツ」などを出品する。
 また、独自の技術として、輸送車両の環境規制に対応し、運輸効率の向上につなげる目的でエネルギーロスを大幅に低減させたトラック・バス用タイヤのゴム材料技術や、乗用車のさらなる低燃費化やEV車両の航続距離に影響を与える空力(車両やタイヤ周りの空気の流れ)を高精度にシミュレーションできる「モビリティ・エアロダイナミクス技術」を紹介する。
 このほか、「トーヨーサイレントテクノロジー」に基いて開発したタイヤ空洞共鳴音を効果的に低減するデバイスを参考展示し、自動車産業の将来を見据えた同社の技術力を訴求することにしている。

 

ブースイメージ

ブースイメージ