老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

シリコーンゴム特集 信越化学工業 鉄道用シリコーン製品に注力

2018年07月06日

ゴムタイムス社

 信越化学工業の昨年度のシリコーンエラストマーの概況は、機能製品に加え汎用製品も全世界で拡販し業績が伸長した。

 製品別に見ていくと、HCR(熱加硫型シリコーンゴム)の需要動向では、国内で車載用が堅調に推移したほか、海外での需要増加が目立った。また、LIMS(液状シリコーンゴム射出成形システム)も自動車関連の需要が欧州を中心に好調で「欧州ではLIMSの導入が他の地域と比べて進んでおり、最近では欧州以外でもコストダウンのメリットなどで導入を検討するお客様が多くなってきている」(同社)という。

 一方、RTV(室温硬化型)シリコーンゴムについては、自動車分野をはじめ、電気・電子分野でも堅調だった。

 建設・土木分野では防水用シリコーン粘着シート「シンエツパッチシール」が注目されており、「工事現場などでは人手や時間が足りない状況。施工が簡単で工期が短縮できるので活用してほしい」(同社)とのことで、さらに拡販していきたいとしている。

 同社は、シリコーンの優れた特性を生かしてさまざまな製品を開発し、顧客の多様なニーズに応えている。今期注力していく製品の一つ

本文:1171文字

シリコーンゴム特集 信越化学工業 鉄道用シリコーン製品に注力

キーワード: ·